スイミングスクール

スイミングスクールの歴史や変遷

スイミングスクールとは、プールや海などで水泳を教える教室のことです。 1965年開設が初期のスイミングスクールと言われています。1970年代か ら近代的なスクールが増えてきました。 現在は、乳幼児からある親子教室や小、中、高校生、また大人の教室もあります。 昔泳げなかったけれど、大人になり泳げるようになりたいという人や、体力づくり、また、ダイエット目的など様々な目的でスイミングスクールに通っている 人がいます。 特に小学生のクラスでは、子供に習わせたい習い事ランキングでも上位にくる ほど代表的な習い事になっています。 私が子供の頃は周りにスミングスクールに通っている友達はあまりいません でしたが、現在はスクールに通っている子供たちがとても多いと感じます。 それだけ、親にとってもスイミングスクールは魅力的な習い事だと感じていると感じます。

スクールの今後の動向について

スイミングスクールは今後も習わせたい習い事の上位に居続けるのではないか と考えます。 少子化で、子供の数は減ってきますが、水泳は体力づくりにも適しているし、 スポーツの中で一番実生活で必要なものだと思います。 友達同士で、川などにキャンプに行くことも大人になったらあると思います。 しかし、泳げないとなると下手したら命に関わることとなります。 私の子供の学校生活を通して感じたことですが、学校でのプール授業だけでは、 泳げるようになるのは難しいと感じます。 もともと運動神経がいいなら別ですが、少ない授業時間、また児童数の多い 学校であればあるほど、水泳授業のときに複数クラスでプールを使用する こととなると授業時間だけで泳げるようになるのは難しいと思います。 そのため今後もスイミングスクールはあり続けると思います。